今週の第三内科

山梨大学医学部交響楽団スプリングコンサート(2014/03/22)
第三内科の小林教授が顧問をしていた、山梨大学医学部交響楽団のスプリングコンサートが開かれました。

春のあたたかさが感じられる心のこもった演奏でした。
新顧問の榎本教授(第一内科)、音楽監督の久保田先生(NHK交響楽団)宜しくお願いいたします。




 
| 山梨大学医学部第三内科 | 第三内科 | 09:20
送別会 @ 伊和桜(2014/03/13)
春は別れの季節ですね。

3月13日に第三内科を巣立たれる先生方の送別会を行いました。
秋山先生、岡村先生、淺川先生が巣立って行かれます。 先生方にみなさんのメッセージが詰まった色紙を渡して。
最後は3のポーズで記念撮影です。
張磨先生目立ち過ぎですよ!!

秋山先生、岡村先生は一回り成長されて第三内科に戻ってきて下さい。
淺川先生、2年間ありがとうございました。
皆さんの新天地でのご活躍をお祈りしています。

小林 秀俊


| 山梨大学医学部第三内科 | 第三内科 | 19:30
古屋先生 優秀教員奨励制度で受賞(2014/03/12)
第三内科の古屋先生が山梨大学優秀教員奨励制度の特別表彰に選ばれました。

この賞は、山梨大学の教員の個人評価に基づき授与されるもので、研究に教育に診療に、日々励まれる先生のご活躍が評価されたものと、一同大変喜ばしく思っております。

私たちも研鑽を積んで参りたいと存じます。
ご指導の程、よろしくお願い致します。



 
| 山梨大学医学部第三内科 | 第三内科 | 16:02
糖尿病学の進歩 in HOKKAIDO(2014/03/07)
岡村です!
太陽の温かさから春の足音感じられる今日この頃、
札幌で開催された「糖尿病学の進歩」に秋山先生、張磨先生、淺川先生と参加してきました。

花びらの代わりに粉雪舞う札幌では、気温が氷点下2度と厳しい寒さでしたが、「糖尿病学の進歩」の学会会場は新たな知識・最新の治療法を学ぼうとする多くの人々の鋭気で熱気だっていました。

小林教授が座長を務められた1型糖尿病の成因と病態の最新知識を経て、
小林教授と粟田先生、医局員4人で記念撮影。
しっかりと知識を頭にため込んだ後は、北海道の海の幸、大地の幸ジンギスカンでお腹も満たした4人でした!
糖尿病学を学ぶとともに、この研修で仲間の絆もしっかり強めた4人でした。

| 山梨大学医学部第三内科 | 第三内科 | 14:31
小林教授 最終講義(2014/02/26)
2月26日に「第三内科で学んだこと、研究したこと」と題し、小林哲郎教授の最終講義が行われました。
前田学長、島田病院長、武田医学部長さらには多数の学生さん、研修医の先生達で臨床大講堂に立ち見が出る程の聴講者が集まりました。

小林教授の研修医時代の経験や失敗から始まり、今までの研究成果や山梨糖尿病研究会の立ち上げなど素晴らしい講演内容でした。
特に学生に向けて、臨床、研究への熱いメッセージが送られ、今後の医師としての未来に大きな糧となると思われます。

その後、クロスカフェで懇親会が行われ、小林教授との思い出話を皆で楽しく語り合いました。






滝澤 壮一
| 山梨大学医学部第三内科 | 第三内科 | 20:30
虎の門病院 大久保先生チュートリアル講義(2014/02/06)
チュートリアルコース4の講義のまっさかりです。
第三内科の非常勤講師をしている大久保 実先生(虎の門病院、内分泌代謝科医長)が糖尿病の脂質代謝異常について講義しました。
実力をつけて、2月14日の試験に全員合格を期待しています。

| 山梨大学医学部第三内科 | 第三内科 | 15:15
小林 哲郎教授 最終講義へ(2014/01/30)
第三内科の小林 哲郎教授が3月いっぱいで定年退職します。

学生、教職員向けに2月26日(水)17時より臨床大講堂で
「第三内科で学んだこと、研究したこと」と題し最終講義を行うこととなりました。
小林教授は「臨床そして研究への熱い思いを語る場にしたい」と意気込んでいます。

学生、研修医の皆さんのご参加をお待ちしております。


小林 哲郎教授(内科学講座第三教室)最終講義
「第三内科で学んだこと、研究したこと」


日時:平成26年2月26日(水) 17:00〜18:30
場所:山梨大学医学部臨床大講堂


*講義終了後、18:30より附属病院1階「クロスカフェ」にて、
懇親会を開催いたします。

| 山梨大学医学部第三内科 | 第三内科 | 11:07
第51回日本糖尿病学会関東甲信越地方会発表(横浜パシフィコ)(2014/01/18)
第3内科の一條昌志先生( 当院で経験したAlström症候群により糖尿病を発症した3症例の比較検討),一條沙耶花先生( 劇症1型糖尿病患者の咽頭ぬぐい液から単純ヘルペスウィルスが検出された1例),古屋文彦先生(維持血液透析患者における心血管イベント発症予測因子としての血中NGAL値の有用性の検討),張磨則之先生(心不全と糖尿病による入院で発見され手術治療で著明な耐糖能改善をみた先端巨大症の一例)が発表しました.

全体で220題の発表があり,聞き応えのある会でした.


| 山梨大学医学部第三内科 | 第三内科 | 09:00
新年の第三内科(2014/01/01)
 あけましておめでとうございます。
第三内科は本年も活発な活動を通して新しい医学の発展に貢献します。

本年も第三内科のスタッフ一同、力を合わせて前進しますので皆様の御支援よろしくお願いいたします。

  
| 山梨大学医学部第三内科 | 第三内科 | 00:01
入局決定(2013/12/26)
研修医2年目の石井 俊史先生が第三内科への入局を決めました.
「他の医局も考えましたが,第三内科の雰囲気がいいので決めました.よろしくお願いします.」

石井先生の新たな発展をスタッフの先生方(左端:田中 医局長,右端:滝澤 新医局長)もサポートするよう決意を新たにしました.

| 山梨大学医学部第三内科 | 第三内科 | 11:19
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ